書評:その英語、ネイティブはカチンときます

Hello, everyone!

とりあえず喋れるようになるために、日本人同士で英語縛りにすればいいんじゃないかと思ってた私でしたが、以前、この類いの本を読んで、ネイティブには全然違う意味合いで伝わっていると知って、思いとどめた所がありました。

Who are you?

が失礼であることは、元首相のおかげで、だいたいに日本人に広まってくれたわけですが、残念ながら学校教育において、誤った英語は至る所で根付いているかと思われます。

正確に言うと、ファーストインプレッションだけで終わるには十分だけど、それ以上深めようとする場合に、とてもそんな効力は得られない言葉しか知らないとも言えます。こう捉えるとある意味正しい。日常で海外の人と話す機会を考えると足りますもんね。

この本で出てくる表現を見ていると、日本語には枕詞がありまして、という解釈自体に疑問を持ってきます。
学校教育で教わった単刀直入な表現は、大概失礼なものに聞こえるようで、”枕詞” がある言葉を使ってこそ、耳障りの良い言葉になるというのです。これって、日本語も同じですよね?その感覚が元からあるかどうかも関わってきそうです。そう、根付いた誤りと同時にコミュニケーション感覚も大事になってきます。

For Example!

Bad: Thank you very much.
意訳:はいはい、どーも

Good!: Oh! you really shouldn’t have done that.
Good!: Oh! you shouldn’t have.
Good!: I’ll never forget this.

本書では、定番過ぎるから伝わらない、という意味合いで「あまりよろしくない」とされてました。
私もこの前イタリアに行ったときに、フレンドリーな店員さんに「めっちゃおいしかったです!」を伝えたくて。
Bono! Bonisimo! Molto bono! などなど、知ってる限りを言ったつもりですが、表現の少なさが自分でも気になって、伝わってない感じを強く意識しました。必死に使ってくれて、嬉しそうな表情と苦笑いな表情が入り交じった感じ!むーん、ごめんなさい >< これをなんとかしたいなと思ってたのをパックリ指摘頂いた感じですね。

Bad: I’m going to leave now.
意訳:もう帰る!

Good: Something came up, so I have to go now.
Good: I’m afraid I have to be going.
Good: Well, I’d better be going.

この類いは、”日本人の使う英語は丁寧すぎる” という印象から、それを回避しようとした結果、生まれている感じもします。適切と過剰の兼ね合いを意識する必要があるわけです。今こそ、英文法を眺め直すのがいいのかもしれませんね。

(ワインなど勧められてもう飲みたくないとき)
Bad: No, thank you.
意訳:いい、いらない

Good: I really would, but I’d better not.
Good: Thanks, but I’d better pass.
Good: I’ve had more than enough.

ほら、”はっきりNoと言いましょう” という固定観念ではNo, thank you! とあいまいな薄笑いを浮かべて回避したくなるところですが、相手を敬った表現を勧めているわけです。

難しい。特に、こびりついて、これや!と思ってた所をヒトツヒトツ見つめ直して行くところが難しさ、というか、知らずに通り過ぎてしまって、罪な女or失礼なくそ野郎的な何かを生み出してしまっている感じがします。

なので、私は欧米の人とお近づきになりたいです。(趣旨なんやねん)

From This Book…

広告

書評:英語で学べば英語はできる

英語の勉強方法の本を読むのは何度目でしょうか。
「いかん!」と思ってアクセク勉強するも、結局大した成果も出ずに今日まで生きながらえて参りました。

何度もダイエット成功してます、みたいなことを繰り返してましたが、そろそろそんな私とはおさらばしようと思います。

そう、私はやっとハラオチできたんですよ。
英語を獲得するのに楽な道なんてねぇんだぞ!ということを。
これがたぶんいちばん大事な概念です。

聞き流せばいいじゃないとか、
耳に聞こえてくるものをとりあえず追ってみるとか、
しましたさー。
おかげで日常英語ぐらいは日本語に翻訳などせずに、
「オーライオーライ♪」くらい言えますし、
イタリアぐらい所見で個人旅行できますよ。(めっちゃ恐かったけど

でもね、それじゃあ物足りないYo!!

英語脳が開眼?した感覚を是が非とも得たいのです。
もう完全に好奇心しかないのかもしれません。
別の思考回路が生まれでてくるってどんなことやろう?
と怖いような、でもワクワクするような・・・

ね。

本題です。
今回はこちらの本を師匠として始めます。

英語で学べば英語はできる

取り入れること

こちらの本では、段階別に事細かに勉強法を示唆してくれてます。
レベルが自分の思ってるんと違う、場合はもちろん効果も出にくいと思われますので、よほどネイティブと接した経験がある以外は、Phonicsという本場のいわゆる発音記号に従った発音をみっちりやると良いかと思われます。

ある程度のレベルまで達するまでは、大量のインプットが必要だと述べるのは他の勉強本とも一緒ですし、目立った新しさはありません。もしかしたら、他の本の方が、グッと来るかもしれません。
でも、それを求めているわけではないんです。今までも10冊以上は英語勉強法を教える本を読み下してきて、そのたびに数ヶ月はマジメにやるという駄目サイクルを繰り返してきました。

終わりにしましょ。
よっぽどの才能が無い限り、マジメに毎日30分の音読を繰り返す、が近道です。ええ!

でも、それだと堅苦しいじゃないですか。
大人の勉強は、教材も自由に選べる所に楽しさを見いだせると思ってます。

意識すること

ここで紹介していることは本書のごく一部ですし、切り取っています。もし気になったら、本書を図書館でも書店でもいいので手に取ってみてくださいまそ。

  • 音読の十分回数
    30回がスタート地点だと考えて、100回を目指さないと意味なし
  • 文法も欠かせないので、xxxx Grammar in Use シリーズはお勧め
  • 毎日30分以上は学習する(最悪月に1度の休みは良しとする)
  • 単語を覚える時は、日本語の訳も読んで良いが、理解したら日本語としての意味は忘れて、概念でイメージできるようにする
  • 動詞だけが大事なのではなく、全文聴き取れるように努力する
  • 題材から、使いたい表現を文字に起こす。一つの文を3回以上、100ページのノートを1ヶ月で全て埋める気持ちで行う

取り入れたこと

  • 5分程度の教材をできれば30分毎日繰り返す
    現在は、Stanford大学でJobsが講演した内容の頭1/3を音声聞きながらやってます(iPhoneアプリ ペラペラ英語で収録されてるやつを使ってます
  • iPhoneアプリ TEDictで耳を鍛える
    TV “スーパープレゼンテーション”などで紹介されたプログラムのうち気になるものをダウンロードしてやってます。あまり書く機会がないと、似たような表現が続くことに不安を覚えたりするのですが、ネイティブもそうであることが分かるので、同時に書く力も鍛えられるような気がしてます。また、CDのような奇麗な場所で発音されたものではないので、実践に近い気がしてます。
  • NHKネットラジオ で、「実践ビジネス英語」を聴く
    これ、実際に使えそうだし、ビジネスの場の小話も聞けるし、なによりアナウンサー(女性)の声が心地よいのでお勧めです!教材は買ってません。ゆくゆくは、「英会話タイムトライアル」も聴きたい。
  • 好きな曲をマスターする
    私は、ラプンツェルが好きなので、まずはそれをマスターしようかと思います。
  • 『瞬間英作文』で、瞬間で出てくるようにトレーニングする
    以前も使ってたのですが、割と頭で考えていて、それじゃあかんらしいので、脊髄反射的に、そう、博士がクマと言われて相手を殺しかけるレベルで出てくるようにぎゃんばります。

以上は2月から始めたことで、結果はstudy plusに残していくことにしました。
上には書いてませんが、Designなどの仕事?情報や、Wineなどの趣味は定期的に見たりとか、Amazon.comのセールで買った無料Kindle洋書などが溜まりに溜まってるので、暇があれば読んだりしてます。LeanUXはいつ読み終わるのかな。

すっげーまじめそうですけど、私も即物的なところがあるので、一石二鳥感があるとより高まりますです。

発音自体に興味が出たのも、それを始めたことで、歌う時の歌い出しで入れない時が少なくなったりとか、深い声が自然と出せるようになったり、まぁ、細かなリズム感が良くなった気がしてます。これはただ純粋にボイトレするよりも早く上達できたと思うのです。

歌うまく → 発音がんばるべ
プレゼンうまく → TED/Jobsトークでディクテーション

みたいな、何かしらのgetしたい能力と組み合わせると幸せに、
それを原動力に続けられると思うので、頑張りましょう。

というわけで、こんな取り組みをしてゆくにあたって、
おすすめのコミュニティはMPPです。
一緒に頑張りましょう!

英語ペラペラ化コミュニティ

書評:誰でも人前で台本なしに10分間話せるようになる本

あけましておめでとうございました。

すっかり、休みきってしまいました。
NHKで録画してた「ココロ見」や年始特番の「有吉・マツコの怒り心頭」などを見てたら、今後のことも考えるいいきっかけにはなったので、まぁ、よしとしましょう。

下手な言い訳せずに、自分に素直に向き合ってやりたいことをまっとうしていきたいと思います、2014年。

そんなヒントがほしいなと思って、今日は、立ち読みしてきました。
新刊ビジネス本コーナーにて、パラパラパラ。

「望みなさい。さらば与えられん」ということで、本日出会った良さGな本はこちら

パラパラ読んで、インプロの本だな、という印象だけで終わらせてはなりません。

私はけして、人前で話すのが得意ではないですし、いくらたくさんの引き出しを持っていたとしても、その場で使えなくて、なんだか私って残念な人だなと思ってました。
その引き出しを自在にできるようになるのが、即興力を鍛える、ということだったというのです。

練習方法

この力を効果的に鍛える方法として、二つの手法が紹介されていました。
そのうちのひとつは、「Life Story」というものです。

ランダムなテーマを引き、10分間でプロットを考えて、次の10分以上で、それを元にプレゼンを行う、という意味です。
実際の様子はyoutubeにあがっています。

1.プロット考えるまで

2.プレゼンを行う

3.振り返りを行う

もうひとつは、「喜怒哀楽」です。

さまざまなモノを机の上に並べます。
同じく、紙にそれぞれ 喜・怒・哀・楽 と書いたの紙を用意します
それぞれ一つずつ取ったらヨーイドン!準備時間なし、ノンストップで、でも感情に沿ったストーリー展開を考慮しながら、まずは60秒からはじめます。その後、できるようになったら、だんだんと90秒、120秒と伸ばしていきます。
これで、120秒できれば、先に挙げたLife Story力も楽になるとのことでした。

この手法の話は本の開始1/3ぐらいまでで終わっていて、そのあとは、適性だとか、必要な能力などが示されていたのですが、いちばん興味深かったのが、上記即興能力だったので、紹介させていただきました。

感想など

で、思ったんですよ。
わたしは2012年末に、「アジャイルラジオ」の存在を知って、去年はラジオやりたいなーとおぼろげに考えてました。
普段から割とラジオは聞くので、パーソナリティ気分になりたいのかなとかミーハーな部分を思っていたわけですが、そうではなくて、インプロ力、即興力が必要だと無意識で思っていたのではないか、と。

やりたいと湧き上がってきたものには、素直に応えてあげなきゃいけないんだなと、改めて思うわけです。
仕切りなおして、やりたいことベースで、一旦線引きし直してからいこうかと思います。
そういう枠組みの中で、私にとっての「話す力」というものは、けしてメイン路線として、楽しいとか、得意だからやるというのではなくて、やりたいことをやるために、超えなければいけない、得なければいけない必須能力のひとつなので、逃げずに勝負していかなきゃと思うわけです。