Java女子部勉強会第1回に参加してきました。 #jjug

2年前ぐらいに、女子部が各地に発足して、
私も、linux女子部、Android女子部、JAWS女子部にJAZ女子部、クラウド女子部とここに羅列するのもはばかれるぐらいに参加してました。(照れ

お分かりのように、プログラミングするぜッ!って感じの女子部はなかったんですよねぇ。
その時に作れば良かったかもしれないんですが、流行してるものには乗りたくない天邪鬼な部分と、別に女子部なくても行ってたので、特に興味なかったんです。興味あったかたにはすみません。

まぁ、そんなこんなでしたが、
発起人のお一人であるお友達のまちこ先生に誘われて、フラフラと参加してみました。

場所は、jjugでおなじみのグロースエクスパートナーズさん。
本日のお題は、「普段のお悩みに答えます!」ってことで、各自付箋に書きつつ、jjugの方からチョコレートの差し入れがあり、女子部感を出しつつ(個人的にはクラフトビールとか出る勉強会あれば燃えるなぁ)

まずは、一通り自己紹介があった後に、個々人の悩みにお三方が答える形式でやんす。
以下は、印象に残ったものをご紹介。

Q.Javaなのか、JSPなのか、JavaScriptなのか

基本的に得意分野は違うので、まずは知っておくことが大事(意訳)

Q. 最新技術はどこまで追えばいいんですか?また、追い方のコツがあれば知りたいです。

まじめに答えると、その技術の提供元やエバンジェリスト、コミッタ—を追うこと。
ただ、その辺りをチェックしているヒトも多数いて、新しい技術を追うことは楽しいから、シェアしてくれることも多いので、

ということになるんですが、肝心なのは、枯渇して、リソースが少なく解決しにくい技術への対しかたとゆーことでした。シェアされることは少ないので、対応も困難と… (Fight!

Q.BtoBでのメイン言語はJavaですか?

そうですね。代わりになる言語がないので。。。
COBOLからJavaにという案件も最近ではあります。

Q.Javaの次にアツい言語は?

ここで聞かないでください(苦笑)
関数言語、Haskellかな、とさくらばさんより。ただ、業務ではなく…ですのでw

Q. 仕事が楽しくないんですが、どうすればいいですか?

以上、まちこ先生からのお言葉。心に染みるものがありました。(付いてゆきます!

私もそう思いますし、割とそんな歩みですし。「反面教師」とか「ここを乗り越えれば成長」とか「ここを乗り越えられなかったら一生それを繰り返す」とか「神は自分に越えられる壁だと思って与える」とか、聞いて頑張ろうと思える言葉も死ぬ程ありますが、心を病んでは元も子もないと思います。人生一度きり、楽しいと思えることにフォーカスしましょう。それでも越える必要があると思ったら、「ここが成長なんだ」と心から思えるポイントを発見しましょう。

きっと、こういうところが女子会の存在意義なんだと思います。
講師の方も言ってた通り、女性プログラマ同士の横のつながりを大事にしたいものです。

私もいろんな所に出て、いろんなつながりが出きて、そこで救われた・・・だと重いですが、楽しかったことも多いです。特に、現場では同じ年の子がいなかったんですが、コミュニティ周りでいたので、同じような気持ちをシェアできたのは良かったと思ってます。

ええと、ソーシャルな集まりって、たまに宗教くさかったり宣伝されたりして、憤りを越えて悲しい想いをしたりするんですが、そういうのが今までないのがITコミュニティでした。不安な方は、ご一報頂ければ、ご紹介できるかもしれないので、どうぞお気軽に。

今後のJava女子部は?

みんなで作ってゆきましょうということで、Facebookにグループができました。

https://www.facebook.com/groups/241124146058579/

現在は公開グループですので、気になる女性の方は、ぜひ参加くださいませ。
次の勉強会は検討中ですが、横のつながりが大事だよ!ということで、カメラやジョギング、グルメなどの趣味の会から、コードリーディングや開発合宿などのガチなものまで、何でもありですので。

女性でJavaを使ってた、使っている、使って行きたい方、是非参加ください。
なお、商業利用の方はこちらで判断して、削除のお願いをさせて頂きます。

ま、お気軽に。私もただの一員ですのでw
開発側プロセスなど上流側とかいろんなことに興味ある方は、DevLOVEもおぬぬめですし、インフラ側はqpstudyへどうぞどうぞ。

カテゴリー: Java