ホーム » 勉強会 » #javajo Java女子部第3回勉強会(キャリア編)開催しました。

#javajo Java女子部第3回勉強会(キャリア編)開催しました。

どうも、こんにちは。

先日、7月24日木曜日に、Java女子部の勉強会を行いました。
ちなみに、Java女子部というのは、2014年の1月に発足したばかりの、Javaをテーマに技術周りを触ったり、話したり、交流したりする女性限定のコミュニティです。アンドロイドやクラウド系の割と新しめの技術は数年前からあったのに、Javaだと逆にないのは面白いものですね。詳しくは、こちらからどうぞ → doorkeeper Java女子部

開催したテーマは、Java女子部第3回勉強会「教えて大先輩!今後も開発者として生きていけるの?お悩み相談会!」でした。

テーマがキャリアな理由

私が勉強会に裏方Joinするきっかけにもなった、DevLOVEの勉強会。そこで、佐々木(jojo)さんのお話を聞いて「プログラマーかっけぇぇぇ!」って思っていました。でも、でもですよ。それって女性にも当てはまるのかしら?という疑問はぬぐえなかったのです。とりあえず身の回りの女性は年々辞めていってたし、先輩!といっても、5歳ぐらい上しかいませんでしたし。。。
ああ、みんなどこに行っちゃうのかしら、やっていけるのかしら、なんてな。

そんなこと思ってて、開催後に見かけたのが、 Work Smart, Live Happy という活動。
不安を裏付けるかのように、ここでも、女性の離職する理由はライフ的な都合というよりも、「仕事への不満」や「キャリアの見通しが立たない」など、精神面?に関わる原因が挙げられています。

私自身の不安がスタートですが、先行きを少しでもポジティブに捉え直せるような場にできればなぁと思って、今回の場を設計しました。つまりまぁ、技術女性もいるよ!いけるよ!って話が聞きたいなってね。

当日のレポート

今回の会場提供は、クラスメソッドさんにお願いしました。ありがとうございます。ありがとうございます。

(しかし、肝心の講演部分は、仕事の都合で参加できなかったので、後半戦の座談会からになります)

当日は雨にも関わらず、10名ほど集まっていただき、卓球台を囲んで、みんなで真剣10代ナントカ場のような雰囲気で進んでいました。
なにぶん途中参加なもんで、特に印象的だった点を3つだけ挙げさせていただきます。

子育てよりも実は介護がキツイ。

  • アブラの乗った、出世コレカラ!という時期に親の介護がのしかかってくるそうです。
    子育ての場合は、時短OKでなんとかなったりもするけれど、介護の場合は、急にダメになるケースのほうが多く、そうなってくると会社すら難しくなるそうです。。。
  • 実際に、親の介護が原因でやりたい仕事ができなかったという方も。。。

50代以降でどうするか、何ができるか、あらかじめ考えておく必要がある。

  • コード書けないマネージャーとかなりたくないですよね? 世の中的にもいらなくなるだろうし U′エ`U
    前職の肩書きだけで生きていけるかといえば、もちろんそんなわけない。。。
  • 50代以降でお金もらってコード書いている人は、滅多にいないのだそうです。
    となると、さーて、何すればいいんでしょう?

色んな人生歩めるってことを感じてほしい。

  • 既婚女性で子供もいる方が、ある日参加したボランティアがきっかけで、JAICAのシニアボランティアに申し込み、ネパールに2年いて、この前帰ってきたそうです。
  • 「フリーランス」は家でもできる仕事だから、女性には向いてるかもしれません。でも、自己管理が難しい、ってことは感じておくべきです。
  • 逆に会社にいるなら、利用し尽くしましょう!

次回のJava女は・・・

さて、当初の目論見とはだいぶ離れたところに現実はあって、やっぱり流暢にしてるわけもなく、考えねばならんわけですよ。やれやれ。

いろいろな働き方があるのだなーと知ったり、新しい技術抑えたりするにはこういったコミュニティや社外活動がいちばんかなーと思うのです。なにより重要なのは交流ですよ!ネットワーキング活動は、運営側でできる限り阻止していきますので、どうぞ安心していらしてくださいね!

というわけで、現在、フェイスブックグループ「Java女子部」にてアンケート集計中です。よかったらのぞいて、投票してください。 選挙と違って、一票の扱いがでかいですよw (おっと)

勉強会のお知らせ

8/30(Sat)

「夏祭り!つながる、広がる、IT女子 Presented By Windows女子部 team JK/JC」が開催されます。

Java女子部も、運営に参加しています。年齢の幅を広く持たせているので、改めて基礎の基礎の部分を捉えなおしたり、これから流行りそうな近未来の技術を知る場になると思います。別室ではハンズオンもあるので、動くものを実際に作りたい!というかたはそちらもどうぞ。イベントの多い夏ですが、是非都合をつけていらしてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中