ホーム » 読書 » 書評:おうち起業のはじめ方

書評:おうち起業のはじめ方

ふとした気持ちで図書館で借りてきました。

主に女性向けの本で、家を利用して習い事を教えたりとか、デザイン受注したりとか、をお仕事にされてる女性の一日の過ごし方などが紹介されてます。その後に、ザックリとビジネスの進め方が紹介された構成で、ページも薄いのでサックリ読めます。いいことですね。

正直、ほんとゼロからいきなり始めるかた向けの入門書程度の薄い内容でした。

でしたが、

そのあとテレビつけてたら、女性起業家のかたが「始めは潤ってたけど今は厳しい」という話をしてたので、ふと頭に残ってた文章があるなぁと思い返せたので、引用しておきま、しょう。

毎日、将来的なプランやマーケティングを考える時間を取る

行き当たりばったりでは何事も成し遂げられないし、主婦がいきなり始めようとすると失敗してしまうよってことも著者は語ってました。

そう考えると、柔らかそうな表紙と内容の割に、ビジネスセンスは必要だし、ビジネスモデルもしっかり練らなきゃいけないしってなもんで、総合的につじつまが合わないような?

ま、いっか。ともかくですね、「これやろう!」と思ったら身近な人に相談してみるといいですよね。最低1人、意見も偏るかもしれないので、3人以上に聞けるといいかなぁ。その専門な人もいれば一度聞けるとさらに良い。

この本から始めて、自分の興味あるテーマとは別にビジネス感覚も身につけましょう!っていう気持ちですかねぇ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中