ホーム » 英語 » TEDICTいいよ、TEDICT

TEDICTいいよ、TEDICT

最近、英語の話ばかりですね。

・・・

ま、いっか。

TEDICTにマジメに取り組み始めて10時間が経過しました。
正直な所、英語をマスターする前に腱鞘炎になりそうです!
いわゆる「やめたげて!私の指は限界よ!」です。

英語キーボード、外人の方には好評なのでしょうか?
という鳴り止まない疑問はちょっと傍らに置いときまして。

TEDICT is an iPhone apps!

TEDICT

ただ、TEDスピーカーの全てが発音も長けてる!とは限らないとは思いますよん。

At First…

スーパープレゼンテーションなどで取り上げられて印象的なものをまずは選びましょう。あとは、業務など自分の興味範囲で検索したテーマも面白く取り組めると思います。
あくまで「自分が面白いと思える話」でやることが最後まで持続できるコツではないかと 🙂

わたし、英語を英語のまま聞こうと努力した結果、頭の中にあまり残らなくなってしまったんですよね。たぶん、英語で残っていて、でも、それを文章として固められないから、引き出せないのではないかと思ってます。

たぶんですが、前の日本語変換記憶のほうが今の英語のまま記憶よりも、読解できる部分はあったかもしれません。ここで一旦「英語は英語で」を意識することで、ある日突然!の感覚が生まれると信じて、現在は退行もやむをえんとしてます。(誤解のないように書いておくと、日常会話でなくて長文対応の話です)

Very fun! Because…

whoやwhat、thatのつなげかたや、細かな表現にスピーカーの差異が現れていることがわかるのも面白いんです。この人の場合は、きっとこの単語を話していたのだろうみたいな予測であるとか、thought や throughが割と聴き取りにくいというか、なんだか独特なのだなとか、リアルな英語がすぐそこにあります。

すごい亀ちゃんなスピードですが、一歩一歩着実に進めていけそうです。

キーワードはキーワードのまま、類義語を使わずに何度も繰り返すという所も印象的でした。最初はプレゼン力向上かしら?と期待して始めたものの、英語での効果的な表現方法も同時に学べそうです。

もちろん?この聞こえ方だと、このスペルじゃないかしら?という感覚も上がるので、必然的に1つめよりも2つめ、2つめよりも3つめと、続けて行くうちに、そのストーリーを聴き終えるスピードも早くなります。亀ちゃんにも実感があるんですよ。

楽しいよ。Let’s try it out!

Recommend

How I hacked online dating

※ TEDサイトが新しくなった影響で、引用がうまくいきません…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中