ホーム » ビジネススキル » 書評: ゼロ秒思考

書評: ゼロ秒思考

平積みされていたので、気になって読んでみました。
タイトルのインパクトに比べると、内容のレイアウトは素晴らしいものの、
思考整理のハウツー本という印象。(読み取れてなかったらすみません)

やりかたなど

  • A4の用紙に書く
    → (後でまとめやすいように) ノートはNG
  • 1つのアイデアは3~4行で書く
    → 短すぎると後々なんのことだかわからなくて意味合いが
    薄くなってしまうので、3~4行書けるように努力する
  • 思い付いたら書き溜めて、毎日10枚は書く
    → 1枚を書くスピードも1分程度なので、トータルでも10分
  • タイトルとかも思いついた時にひたすらまとめておくと効果的
    → 後でそのために割く時間が減るので効率的
  • メモのフォーマットは守る
    → 例:タイトルを左上に大きめに書いて、箇条書き(-始まり)
    下手に変えてしまうと後々整理しづらい
    アナログを守ること (それがないとできない状態を避ける)

思ったこと

学生の頃に読んだ外山滋比古さんの書籍を思い出しました。

ただ、
思いついた時に書く、に対してA4の紙がすぐ出てくる状況って、
デスクにいるときくらいかなと思うので、アイデア発想ではなく
集中するためのビジネス対処法なのですかね。

思ったことを書いておく紙を持ち歩くことはやめてしまいましたが、
最近では、無印のらくがき帳を使ってアレコレ書くのが好きなので、
しばらく続けてみようと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中