ホーム » 英語 » 英語が面白くてとまらなくなる感動のマスターマップ勉強法

英語が面白くてとまらなくなる感動のマスターマップ勉強法

経緯

英語の勉強を続けているものの、目立った成果が自分で感じられなかったので、勉強法に立ち返ってみた。
結果、すごく良い本だったので、いっぱい引用してしまった。具体的にどのように生活に活かすか、などは省略していますが、SNSは多くのチャンスをくれたことに改めて感謝しました。私たちはつながろうとすれば、いつだって誰とでもつながれる世の中なのです。これってすごいこと。

Quote …

英語マスターマップはここから

Clarity is the power.
目標を立てる時はなぜその目標を達成したいか、夢に向けて何をやればいいかをクリアにすることが重要

by 『一瞬で世界を変える法』

目標設定があいまいだから、たどり着けずに途中で挫折してしまう。

使える英語力を身につけて行く場合、リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングに加えて以下の4つの要素が必要

  • コミュニケーション力
  • 背景知識
  • 外国人に対する積極性
  • 立ち直りの早さ

現状把握

それぞれの能力に対して、10点満点で評価をつけていく。自信が無い場合は低めで、それぞれつけた理由も記入して行く。10だと完璧、5だとなんとなくわかるけど、正確ではない、1だと全然だめ。

  • リスニング 4(簡単なトラベル英語であれば理解できるが、長文が続くときつい)
  • リーディング 5(ある程度のスピードで読み進められるが、頭の中に残りづらかったり、それが合っているのか確認の手段もない)
  • スピーキング 3(言いたい事を頭の中で日本語に変換して、組み立てていこうとしてしまい、長文になりがち、挙げ句の果てにぐぬぬになる)
  • ライティング 3(細かな英文法や熟語を自然に構築できない)
  • コミュニケーション力 6(その気になれば、意外といけるクチ)
  • 背景知識 4(経済や地理には弱いけど、それ以外は一通り。一部の知識は深いほうかなと。)
  • 外国人に対する積極性 2(機会があれば話したいと思うけどドギマギする)
  • 立ち直りの早さ 6(内容によるけど、小さいものであれば意外と処理できている)

英語が使えるようになったら、その英語力を活かしてどんなことをしたいか?
10年後にどんなふうになっていたいか?
(憧れを集めて自分の目標とする)
=> 「それはどうしてか、何の為か」をよく考える事が大切、ワクワクできるようなCompellingな目標を設定する。

人間のモチベーションは、「ほしいものを手に入れるため」か「嫌なことを避けるため」か、いずれかの場面でしか働きません。
=> 達成できた時のいいイメージと、出来なかった時の最悪なイメージをしておく。

目標には具体的な日付を記入する、伸ばしたい能力を明確にする

勉強法を考える時は、目標を最短距離で達成できるよう「楽にできる方法」「効率の良い方法」を選ぶ事が大切です。

リーディングを上げる為に

  • あらかじめ日本語訳を読み、文章の概念を掴んでから本文を読む
    => 表現の幅が広がる
    => 「日本語と英語の概念の行き来する力」が身に付く☆

リスニングを上げるために

  • 聞き流し(1日数時間は必ず聴くようにする/教材は自分の好きな物でいい)
  • 初学者の場合は、あらかじめ翻訳本を読んでおくと効果的
  • 「ザ・シークレット」がオススメ
  • 自分が目標とするスピードより速いものを使用する(3倍速もあり)
  • 内容を把握する為にはシャドーイング(リアルに全てを忠実するように心がける)
  • イヤホンをつけて集中的に聴く、聞き流しよりは遅いスピードでok
    教材はTED
    初学者:聞く→スクリプトを見て音読→再度聞く(聞き取れなかった所を把握しておくことが大事)
    中級者:スクリプトを見ながらシャドーイング
    上級者:スクリプトを見ずにシャドーイング(録音)→スクリプトを見て聞き取れなかった所と間違えた所をチェック

リーディングを上げるために

  • 文章の全体像をつかんで必要な情報をピックアップする力をつけるようにする
  • 好きなものから読んで行く
  • For Dummiesシリーズ=猿でも分かるシリーズ
  • これならわかりそうだ、ぜひ読んでみたいと思えるものを選ぶ
  • サイトラ(頭から文節でスラッシュで区切って読んで行く)

単語を増やすために

  • 単語帳を作っていく
    => これだけ覚えたんだーという達成感
  • 語源で覚える
    『語源とイラストで一気に覚える英単語』
    『語源とイラストでTOEICテスト英単語を4倍に増やす』
  • 場面を想像して感情を込めて読み上げる

文法

  • 基礎知識は精読には必須
    『世界一わかりやすい英文法の授業』
  • パターン学習
    理屈を覚えるより「そういうものなんだな」と思えるまでしみ込ませる事
  • 本気でやる場合は、
    『TOEFL TEST対策完全英文法』(阿部友直/テイエス企画)
  • 前置詞は絵で覚える
    『絵でわかる前置詞の使い方』

発音

  • クチの形を真似て腹から声を出す
  • アメリカ英語の音声変化を身につける
    『絶対「英語の耳」になる!BASICリスニング基本のルール』

アウトプット

  • どんな表現を身につければいいのか
  • シュミレーションとインプットを行う。具体的にどのような場面で必要なのか。
    『P&Gで学んだ世界一わかりやすいビジネス英語』
  • あらかじめ言いたい事や書きたい事を明確にし、それをどう表現すればいいかを調べて覚え、表現の場を作って練習する
  • 日常会話の基本的な表現を覚える
    『中学レベルの英単語でネイティブとべらべら話せる本』
  • ビジネス英文mail表現
    『Googleで検索するだけ!ネイティブに笑われない英文ビジネスEmail』
  • 英語のプレゼン力
    『スティーブ・ジョブズに学ぶ英語プレゼン』
    :魅力的な英語プレゼンを構成するための道筋が明確に示されている
  • 英会話カフェに行ってみる
  • 中級者以上の場合は、バイタルジャパンの行事に参加してみる
  • 外国人観光客をボランティアで案内するTOKYO FREE GUIDEに登録してみる
  • SNSを活用する
    『海外からどんどんフォローがくるTwitter英会話術』
  • 作った英語を身近な外人に見せて、”Please check this sentence.”とか”Does this make sense to you?” と聞いてみる

他の4つの力を上げるために

  • 大使館が主催するイベントに参加してみる
  • 都内の外人に”May I help you?”と問いかけてみる

マスターマップを私も作りながら取り組んだために、この本を読み終えるのに5時間近くかかってしまいました。ここで作成されたマップはPDCAサイクルを回して都度更新しくことや、自分自身の分析の結果を反映する事が成功につながるそうです。ワクワクしながら英語の学習を続けていく仕組みとしてしばらく頑張ってみようと思います。(今はアグリーベティを聴きながら書いてます)

本文の最後にいい言葉があったので、引用して終わりにします。

I am sure you will go through a similar experience, if not identical, if you let yourself.

Nothin ventured, nothing gained, give English a try.
A whole new world awaits you.

がんばる!
また、読んでる途中でこの学習法は英語だけでなくいろんな事に応用できるんじゃないかと期待できました。応用後の形が思いついたらどこかで書こうと思います。

The book is …

英語が面白くてとまらなくなる感動のマスターマップ勉強法
小熊 弥生
480614360X

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中