ホーム » 読書 » 話がわかりやすい!と言われる技術 スケッチ・トーキング

話がわかりやすい!と言われる技術 スケッチ・トーキング

I think …

麻生さんというラジオパーソナリティが書いた本。
身振り、手振りの伝わらないラジオだからこそ、聴者と同じイメージを
持つ為の工夫が必要になる。それをなんとかしてきた人によるレクチャー。

正直、麻生さんのラジオは聴いた事ないけれど、
たまに(週2~5) 誰かのラジオを聴く時に面白いなと思う時と聴くに耐えないなと
思うときの2種類がある。

同様に日常会話でも似たような事は起こっているのだけど、
慣れ過ぎていて、そこまでシビアに観れてないのがホンネかもしれん。

ただ、ここにあるような表現はかなり照れくさくて非現実的かつパフォーマンス要素が
高いので、もうちょっと一般化する必要がある。

「イチョウがヒラヒラと目の前いっぱいに舞い落ちてて、辺りは真っ黄色!
とっても感動的だったんだよ!」
と、全てを我慢して、仮に言ったとしても、
「へえ、写真ないの?」って言われて終わりそうだし。ぅぅ(´エ`;)

表現を変えるために、「ウーロンハイの焼酎抜きで!」と店員に言ってみましょうと
紹介されていたけど、私にとっては、

(本書では「こんなやつと喋りたくない」一例として紹介されている)
「出身どこ?」と聞かれて「宇宙 ♡」と答える
のと同じか

それ以上に苦い気持ちになる。
もしかしたら、両方とも笑いを取ろうとしてやってるように聞こえて、私はそれを
面白いと思わないだけかもしれないですのぅ。

ともかく、相手に伝わらないなぁと思った時に表現を変えるけれど、
その変え幅が少なかったので、その状態の事実だけを伝える、ことを意識して
喋っていこうと思うます。

つい面白いことがあると、短くテンションで話しきってしまうのだけど、
そんなに世の中、面白い事ばかりではないので、少し引っ張る(説明を長くする)
という工夫は必要かもしれないとたまに思うのでした。

Quote…

[p38]
うまく話せない人の多くは、
相手の頭の中に「同じイメージ」を
作り上げていないだけ
# 絵を描くように話をすることを心がければ、
# 伝わりやすさが格段に上がります

  • 物事を伝えるのにいちばん大切なのは、イメージの共有
  • 絵なら、一瞬で共通イメージを持てる
  • 聞き慣れない言葉で「ひっかかり」を作ろう
  • 言葉で具体的にイメージさせると、行動させることもできる

[p161]
映画の感想を述べる時は、一つの基本形を覚えておく

  1. その映画を見たらどんな気持ちになるのか
  2. ストーリーは?
  3. 見所は?
  4. 映画を通じて得られるものは?

About this book…

「話がわかりやすい!」と言われる技術 スケッチ・トーキング
麻生 けんたろう

447979347X
大和書房 2012-05-19
売り上げランキング : 34368

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中