ホーム » 英語 » 「英会話力」を鍛えるトレーニングマニュアル

「英会話力」を鍛えるトレーニングマニュアル

先日、DevLOVEの英語企画に参加して、自分の英会話力の無さに辟易したので、まずは1冊と手に取った本。

これは、英語流の会話の進め方について、示唆された良本だった。
今まで読んできた英会話を高める本は暗記(瞬間英作文)や1対1の対話形式(旅行系に多い)がだったけれど、この本は違った。

目に見えたものを全て英語で表現してみるトレーニングから始まって、感情を入れる表現をしよう、イメージが広がるような表現を含めよう、2センテンス以上続けましょうと、説明、サンプル、練習問題がセットになっている。

大切な事は、日本人があの人、英語をうまいなと考える基準は、その人の発音や話が流暢であるかどうか、に対して、
ネイティブが考える基準は、以下のような流れの英語流の会話ができるかどうか、になるとのこと。
また、会話では何を伝えようとしているかに注目されるので、会話の細かな差異には捕われている場合ではない、と。
これは本当に、典型的な日本人してしまっていたなぁと気づけた。つい発音や別の部分に集中しがちで、逆に日本人の喋る英語のほうが聞き取れない(ニュアンスはシャットアウトに近い)こともある。これこそ損なので気をつけねばならんのう。

練習問題も盛りだくさん(というか半分以上)なので、試しにやってみたところ、最初はグダグダだった。
単語を出すだけであれば良いものの、思い出した事を英語で言おうとすると、すぐにどのように表現したらいいのかわからなくなって詰まってしまう。
その前に、日本語でさえできてるのか?という疑問もあった。英語表現に直す前に日本語やそのイメージ自体が浮かばない。だからこそ特に注意して話すことに取り組む必要があるのかも。
あとは、ついthatとか関係代名詞で文章を表現したりつなげたりしようと試みた結果、文章がぐちゃぐちゃになりがちだった。基本的に練習問題の解答よりは多く表現しようとしていたのだが、結果的によくわからなくなってしまうこともある。その辺りの話は一切出てこないのでモヤモヤ。

くじけそうにもなるのだが、所々で励ますような言葉が入っていて、ありがたいw
たとえば、「細かな文法は気にするな」とか「前置詞は間違っててもいいけど何か入れる事が必要」とかw
in the kitchen なのか at the kitchen いっそのこと on the kichen でも話は伝わるとの事。
文法のテストでもしない限りネ。

というわけで、最後に本文より引用します。

本書のポイント3つ

  1. イメージを即座に声にして発話する(日本語変換しない)
  2. 話し方のコツを練習する
  3. 表現が出てこない時の対策を練習する

本文より

英会話の心得

  • 細かい文法はいいからとにかくたくさん話す人をまずは目指す
  • 英語では日本語よりも基本的に多く話すのが当たり前
  • 切り出しの発話には情報をたくさん盛り込む => 相手により多くの情報を与えて質問ばかりされる会話を避ける
  • 1回の会話に2センテンス以上を心がける
  • 一言でやや大げさなくらいに感想を述べ、時間を置かずにセンテンス(説明)を述べる。
    • great, very good, good, pretty good, not bad, not very good, bad
  • 大きな声で自信を持って、細かな文法は気にせずに挨拶から始めよう。

表現を増やす

  • 時間の流れを表現する
    • and, then, and then, before that, after that, at the same time
  • 単語がわからない場合
    • 動詞:視点(主語)を変えたり、情景をイメージして見合う表現を発話する
    • 名詞:~ thing という(唐辛子がわからなければ red hot thing とか)
  • 動詞を修飾して臨場感を出す(副詞の利用)
    • 動詞表現の後に持ってくる。前に持ってくると多少強調される。
    • quickly, slowly, well, poorly, fast, quietly, loudly, carefully, happily, sadly, nicely, completely, suddenly, internationally, accidentally, immediately, luckily, hard, gently
  • 動詞を進行形にして臨場感を出す

色彩を付ける

  • 前から形容詞、後ろから前置詞を使って色彩を付ける
  • 情報をたくさん盛り込む
    • いつどこでだれと何の為に、をところかまわずくっつける
    • (NG) I went shopping
    • (OK) I went shopping in Harajuku yesterday with My boyfriend to buy clothes for the Halloween party.
  • 感覚的な表現を限定して話す
    • so, really, very, pretty
  • 数量を限定して話す
  • 同類の言葉を羅列する(最後の直前にandを入れる、単語は単語、動詞は動詞でまとめる)
  • like xx と相手がイメージしやすいような比喩表現を取り入れる

引用元

「英会話力」を鍛えるトレーニングマニュアル
徳州 英文

4860640861
ベレ出版 2005-04
売り上げランキング : 709590

Amazonで詳しく見る by G-Tools

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中