ホーム » マーケティング » ピクト図解×ビジネスモデル・ジェネレーション

ピクト図解×ビジネスモデル・ジェネレーション

About …

『ピクト図解』と『ビジネスモデルジェネレーション』を使ったワークショップに行ってきました。
初めて訪れた会場でしたが、ものすごくクリエイティブ!
この自動ドアを越えた先には・・・目で見てお確かめください。

会場入り口

Quote …

当日の流れ

  1. 自己紹介(ピクト図解で現状関わっている仕事を作成)
  2. ピクト図解を使ったワークショップ(以下WS)
  3. BMGenを使ったWS
  4. アイデア発想WS(好きな動物と組み合わせて人を集める方法を考える)
  5. 発想案を組み込んだ後のBMGenキャンバス作成
  6. 同ピクト図解作成
  7. 成果発表

#2

ピクト図解を使ったワークショップ

全チームが「復刊ドットコム」について考えました。

ピクト図解とBMGenのキャンバスを使って個人ワークとグループワークを交互に行いました。

ピクト図解のiPhoneアプリを買っていたものの、昨日簡単に復習しただけだったので、アタフタ。でも、BMGenキャンバスと比べると意外とあっさり書けた気がします。もしかしたら、UMLを思い出すからかもしれないw

復刊ドットコム

#3

BMGenキャンバス使ったワークショップ

グループワークで作ったBMGenキャンバスです。

個人ワークで作成したピクト図解から、キャンバスに落とします。
個人的にまだ4回目だからかもしれませんが、毎回、なんとなーく分かりづらいどころがあります。作成して行くうちに、それぞれのコマの内容を理解して補足したり変更できるようになります。ただ、レベルが低いうちはどうしても、付箋の質より、そもそもそのコマで合ってるの?から始めなければいけないので、深まりにくいかもしれません。

結果的には、儲かりそうも無いなぁ(・ω・` )

ということが分かりました。

このままでは破綻するので、C < R にするための秘策が必要になります。
つまり、CSを増やすか、VPを挙げて単価を上げるか、いずれかです。

#4

アイデア発想WS

そのために、
「復刊に向けて1,000人集めるには?」をテーマに、動物を使ったアイデア発想を行いました。

手順

  1. 好きな動物を5匹挙げる
  2. その動物の特徴を5つ挙げる
  3. 挙った特徴とテーマをムリヤリこじつけて、企画を考える
  4. 挙った企画をグループ内で共有し、いいものに☆をつける

これを行う面白さは、挙がってくる動物の種類もそうですが、イメージは人それぞれ本当に違うのだなぁという面白さもあります。簡単には挙らない人もいれば、ポンポンいくらでも出てくる人もいる。

結果、挙った企画は真面目なものが多かったり、似通ったりして、まだまだイノベートできていないなぁと思います。(他のチームと比較してみても)どうせなら、もっと飛んだアイデアにしてみたいと思うんですけど、4の☆で共感が得られなかったりして、ワークショップでさえ実現が難しいんだなという世知辛い気持ちを覚えました。ここでストーリーテリングが(ry

#5

発想案を組み込んだ後のBMGenキャンバス作成

上記の結果、うちのチームでは、以下の3本に絞る事にしました。

  • リプレイスするときに紙の材質を選べるようにする
  • 先着1,000人のみの販売とする
    (売上が広がらなくなるという問題から、先着1,000名に限定品がアタルことに変更)
  • 抱き合わせ販売にする

材質が変わるから、

  • C$に紙代
  • KPに紙業者
  • KRにアイデア
  • VPに良い紙、いい匂い

先着1,000人に限定品だから、

  • VPにレア
  • C$に特典作成費
  • CSに「限定」に弱いユーザ

抱き合わせだから、

  • VPに得した気分

と、ポンポン増えて行きます。

でも、一向にR$は増えないんです。また、これを作成して行くうちに、むやみやたらにキャンペーンを打ったところで、C$が増えるだけで、CSは増えてるのか?というところが分かりづらいことが分かりました。キャンバスの持つ、各付箋の力関係、たとえば、既に挙っているものが増える見込み、ということが表現しづらいのだなという弱点を改めて実感しました。

#6

発想案を組み込んだ後のピクト図解作成

次に、ピクトに落として行くのですが、ここで面白かったのは、キャンバスでは出なかったのに、いきなり第三者を書き出すメンバがいたことです。その人は「アロマ業者」を書き加えたのですが、上記のキャンバスでは、KPにアロマ業者は出てきませんでした。

直感的に分かりやすいのが、キャンバスではなく、ピクト図解もとい、図解表現なのかもしれません。

#7

成果発表

各チームがピクト図解を使っていたのが印象的とのこと!私は冷静に、流れがそうだったからでは?と思ったけど、つまりそれはピクト図解のほうが説明しやすいことを指すと言われて、確かになぁと納得。

慣れもあるかもしれないけど、キャンバスの場合、どこから説明したらいいのか、よくわからないのである。同様に、うまい説明を聞いた回数も少ない。ピクト図解は、どこかで見たようなグラフなので、手っ取り早いし、共通認識あるある感もあって、乗り越える壁が低いように思えたのでした。

他のみなさんのアイデア抜粋
  • ポイント制を導入する。(人を増やしたらポイントget)
  • いい素材で販売する。
  • それぞれイベントを開く
  • 電子コンテンツにする
  • 図書館や漫画喫茶に置いてもらう
  • 鉄道会社と提携してホニャララ

Note …

儲かる、儲からない?だけを見たいのであれば、ピクト図解だけでも十分だった。
¥のついた矢印は一つだけしか思いつかなかったし、手数料がそれほど多く入るような印象はどこからも感じられなかったので。

なんとか先生がいらして、解説をしてくれたのが分かりやすかった。
BMGenもピクト図解も、一つの表で時系列を現すのは得意ではないが、それぞれの時毎に考えてみる事で、ビジネスモデル自体は変わってないよね、とか、間に一個会社が増えただけとか、が理解できた。今回の復刊ドットコムの場合は、現時点までに運営会社や株主が何度も変わっているのだが、基本的なビジネスモデルは変わらずに、会社名だけが変わっているのが面白かった。フリクション(太字)と付箋の組み合わせは最強!

キャンバスは、覚えるのに一手間かかるが、ピクト図解は、基本的な3つのマークさえ覚えればできる。
つまり、人形、四角形(企業)、矢印(矢印の先の部分を▲に塗りつぶすと、モノ、ただの矢印と円マークでお金のやりとり)で全て現せるし、ほとんど説明も不要なのだ!

ピクト図解で大枠を考えて、キャンバスで落とし込んで行くのが良さそう。
向き不向きの前に、取り組みやすいし、取りこぼしも減る気がする。

Links …

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中