ホーム » インフラ » qpstudy #10

qpstudy #10

私は、文系出身のアプリエンジニアなので、インフラ知識は、基本情報処理技術者のレベルしかありません。
今回は初心者向けだよ!ということで、参加(というのかな)してみました。

というのも、私のqpstudy参戦履歴は、怖い話とテストだったので、本気のインフラ勉強会は初めてだったわけです。ワクワク。

Quote by #qpstudy

銀河さん(@kuwa_tw)のセッションの中で、

寸劇を用いた五大要素の説明(入力、出力、制御、記憶、演算)がありました。学芸会的なノリで場が和んだように思います。これできっとみんな覚えたはず。なんとなくスタッフの個性と要素が合っていたような気もしますし。難しいことを難しいまま捉えるのか、簡単に置き換えてまずは理解するところから始めるのか、という話だと思われる。

その後、ノイマン型コンピュータの話になり、パソコンの使われ方は当初から何も変わってないんだぞ!普遍的な基礎技術は大事なんだぞ!という話に流れました。

最後は、「コンピュータの気持ちになって、接しましょう」と、寸劇を含めたまとめ。やや無理矢理感はありますが、その後のセッションを含めて考えてみても、その通りで、インフラこそ、ハードと仲良くするお仕事なのかなと思われました。

全体的に…

その後のセッションも聞いてはいたんですけど、右から左へという感覚と、どこまでが基礎知識なのか、そもそも分からないこともあり、結構、疲れました。あれのどこまでが一般的で、どこからがマニアック上級なのか。インフラさんが実際に作業する場に立ち会う機会は今までなかったので、イメージがいまいち掴めてなかったのですが、アプリもインフラも知識ももちろん必要なんですが、その比重はインフラのほうが大きいのかなという印象を受けました。アプリは極論、誰でも書けてしまうし、環境は整っている(テキストエディタがあればよいとする)わけですが、一方、インフラはそうかといえばそうではない。一歩間違えば破壊につながる。だから、この手間?人手?を防ぐために、クラウドが生まれたのかもしれませんね、なんて。

さて、この勉強会が目指していたうちの一つである「これを機に調べるきっかけになったとか、興味を持ったとか、そんな気持ち」になれなかったのは、いい意味で、この勉強会がインフラ向けであることを指します。そして私がアプリ側を選択し続けるための踏み絵ともなったのかなと。それぞれ専門性を活かして、互いの場所は踏み荒らさずに、深いところはどこまでも深く鋭くえぐったような知識がいつか強みに変わるのだと信じて、互いに切磋琢磨しましょう。

個人的には、アプリエンジニアが知るべきインフラほにゃららみたいな話がどこかで聞けたらいいなぁと思っているので、DevOpsと絡めて、何か開催できたらなぁと思います。私も聞く側ですけどww

関連エントリ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中