ホーム » アジャイル » アジャイルサムライ DevLOVE道場 #5 飛翔

アジャイルサムライ DevLOVE道場 #5 飛翔

今日が7ヶ月に渡る道場の締め日となりました。

ちゃんと作り上げたかったのですが、実際は全く形に成らず・・・。

第5回目を踏まえて、改めて、なんでだろう?と考えてみました。

当日は西村さんと角谷さんがいらして、
発表を聞いてもらえ質問に答えて頂き、ワールドカフェでは対談し、
懇親会でもお話しでき・・・と、疑問を解決する場としてはかなり
成り立っていたなぁと。(さすがDevLOVEクオリティ)

その中で印象的だったことをいくつか挙げておきます。

・開発メンバは最低限同じ場所にいる必要がある。

・インセプションデッキはキレイに創る必要は無い。

・あの形を守るのではなく、何を考えるかを決めておくのが大事。

この辺りは前提からくつがえされたなというのが苦笑pointでもあるんですが、コミュニケーションツール検討や、応答までの時間ロス、度重なるオフラインミーティングを続けた結果、アジャイルって意外と時間がかかるじゃないかー、大変やないかーと背負い込むことが多かったかなと。

「いったいいつになったら作り始めるんだろうか?」
「何が早いんだ?」

と、思ってしまい、ちょっと現実的にとらえるのが難しくなってもいました。そうやって考えてしまうために、モチベーションが下がって行ったのかもです。

つまり、これはあくまでワークショップであって現実には即さないんじゃないかと。

でも、そうじゃなかったんですよ。

「実際にインセプションデッキは使っています」

全然理解できなかったのは、全然扱い方が間違っていたから。

つまり、

私は、ウォーターフォールに慣れ親しみ過ぎていたということです。

どうでもいいドキュメントに時間を使ってしまう性質がこびりついていたのです。

懇親会で、角谷サンと「Ajileは開発者を幸せにしますか」という話をしたときに、「幸せってなんですか?」と逆に質問されてしまったのですが、不幸せな点から考えると、不要なドキュメントにかける大量の時間は、プログラミングの時間を奪います。納品作業は私にとって、苦痛です。

そのうえ、「このドキュメントどうせ見ないし」って分かっているようなものを罫線がどうとか訂正するの、かなり死にたくなります。だって見ないもん。いっそのこと、バグってると言われたら、「詳細設計書見てから教えて下さい」なんてこと、言えるわけないし。そんなネゴ取れるかっつーの。

他に、「ドキュメントも作成するか選んでもらう」という手法はレガシー組織にとっても有効なんじゃないかなと思いました。

機能を追加するか、
読まないドキュメントを作成するか、
いずれか、です。

とにもかくにも、このドキュメント命な私に気づけたのが、最大の成果かなと思います。

システムはもっと簡単に創れる。→ 不足、誤解されがち
必要なところに力をかけよう。→ 正解

私にとっては、この図式を腹落ちさせるのが、この道場だったんじゃないかと思いました。

「現場に対して、今後アクションをするのは、このワークショップよりはるかに難しい。でも、この道場で出逢ったみんなは同じ状況にいるのだから、門下生として相談していけばいいじゃないか」

という言葉を胸に、それぞれ現場で飛翔していきましょう。
お疲れさまでした。

togetter
http://togetter.com/li/248786

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中